マイペースに、気になる情報を紹介しています♪


by misako1231
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

******

東北地方太平洋沖地震により被害を受けられました皆様に心からお見舞い申し上げます。

そして、連絡をくださったたくさんの方々ありがとうございます。


地震当時、私は家に居ましたし、家族も家も親戚も、とりあえず大丈夫でした。

今ではライフラインもやっと戻ったようです。


東京も、節電で街並みは暗く静かですが、ほとんど普通に生活できています。

こういう時だからこそ、自粛自粛ではなく、少しでも早い復旧・復興の為に経済をまわし、働ける人は働き、元気にいなければいけないと思っています。


その反面、今の被災地の状況を、常に忘れてはいけません。
忘れないでください。


現状、まだまだ支援物資が足りない状況です。

津波の被害が何百キロにおよんでいるので、当然です。

被害が大きい地域、避難者が多い避難所では足りてきているようですが、
小さな避難所、そしてそれぞれの場所の自宅避難者、車内避難者にはまだまだ物資が
行き届いておりません。

宮城県亘理郡亘理町。
この亘理町だけでも自宅避難者600名います。。。



物資が届いている地域でもまだまだ1日2食しか取れていないところばかりのようです。


地震当時、私の祖母は仙台市内の病院で検査入院をしておりました。
しかし、電気も水も復旧していないのに退院してほしいとの要請。

しかたありません。
電話がつながるようになってから、祖母と話をしたら、ご飯も塩おにぎり1つと笹かま1枚だったとのこと。

でもこれもしかたありません。


従兄妹のおばさんの家は東松島市で津波にのまれてしまいました。

全て失ってしまったわけですから、もちろん家族が、親戚が協力している状況です。


それでも、家族も親戚も友達も、大丈夫と言います。

命があるだけでよかったと、もっと大変な人がたくさんいるからと。

避難所生活している人もです。

涙が出てくるばかりです。


未だにテレビ・新聞を観ては涙が止まりません。


どうか、元気な方だけでももっともっとご協力お願いいたします!



個人での支援物資を受け付けている会社・団体があります。

インスタント食品1個、靴下1足でもいいのです。


私も明後日少しですが支援物資送らせていただきます。



義援金がたくさん集まっております。

孫さんには本当に感動いたします。本当に尊敬いたします。

金額ではありませんので、ほんの1円でも募金してくださった方々、本当に感謝いたします。


ですが、実際、被災者の手元に届くのは寄付された全額ではありません。

そして!NPOでも約1年半、赤十字では3年近くかかるとのこと!!!


この体制を変えてていただきたい。



節電や買い占めをしないことはもちろん、あと少し、何か小さなことでもいいのです。

どうかご協力お願いいたします。


またいろいろな詳細アップしていきたいと思います。
[PR]
by misako1231 | 2011-04-07 15:56 | 日記